h1

「なんです」 「んです」

September 12, 2009

へええ・・・

今はみんなの日本語、中級の本を勉強します。

どうして中国語で「進階」って?

ううん・・・文型はもうわからない・・・

何回読んでも、分かれない・・・

 

「明日から旅行なんです。」

「生け花を習いたいんですが、いい先生を紹介していただけませんか。」

 

二つも大体わかっても・・・あの「なんです」と「んです」はどう意味があるの?どう使うの?

キャロちゃん、助けて~!あなたの日本語研究社で日本語を勉強したい~~~!

Advertisements

2 comments

  1. こんばんわ~久しぶりっ!日本語の勉強がんばってるみたいですね??

    「なんです」っていうのは含みのある言い回しですよ~

    「実は僕、乱視なんです。」とか「実は僕、バク転が出来るんです。」というとき。

    ですます調で話すときに「名詞+です」で終わるばあいでも「動詞+ます」で終わるばあいでも、
    「乱視です」「バク転が出来ます」というだけではニュアンス的に感情がないので、

    「乱視なんです」「バク転が出来るんです」
    ということで
    相手から「へぇ~そうなんですか~」といったようなフランクな応答が得やすいように使うんです。

    くだけた言い回しというやつだよ~!

    っと、現役日本人からのとってつけたようなレクチャーでしたが、謎は解消できたでしょうか…汗

    でもkatちゃんはじゅうぶんすぎるぐらい日本語うまいと思うけどね!

    じゃね~また!


    • お久しぶり、Yueiさん!
      そうね、あの初級の本をラスト・チャプターについたから、すぐ全部も勉強しました!でも今新しい本でまだわからないことがあります。

      そういえば、あの「なんです」と「んです」は、理由に答えてときを使って意味がある?わかりにくいです・・・

      とにかく、説明、ありがとう!
      今は、勉強続きます~!あっ、いや、今晩勉強したくない。



Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: